唄に唄われた箱根

東海道五十三次の10番目に出てくる宿場町・箱根宿として江戸時代より栄えてきた箱根は、今でも保養地として多くの観光客が訪れています。
東京からは電車で1時間ほどの距離にありながら、豊かな自然に囲まれ、簡素な町並みが並ぶ街です。
有名な広重の東海道義十三次の絵にも箱根峠がはっきりと描かれています。

神社など歴史的建造物の他に、美術館や博物館も多く、見所満載なのですが、やはり最も人気なのは温泉です。
奈良時代にはすでに名湯との誉れも高く、多くの湯治客がおとずれました。
箱根には17ほどの治癒場があるのですが、その中でも最も古いのが箱根湯本温泉街です。
箱根を訪れた人が最初に訪れる玄関口でもあります。
活火山の湯気が今でも立ちこめている大涌谷、カルデラ地形が美しい芦ノ湖、箱根自然公園、金時山、壮大な玉簾・飛龍・飛烟・千条の瀧群など手つかずの自然公園はいくつもあります。
もしもゆっくり魂の洗濯をしたいなら、箱根旧街道や駒ヶ岳遊歩道はオススメです。
箱根を一望できます。

また箱根関所はぜひ訪れたい名所です。
パワースポットとして名高い白龍神社や箱根神社を始めとする歴史的建造物も数多く、神社巡りも箱根の歴史を巡る旅としてオススメコースです。
ガラスの森美術館や彫刻の森は圧巻です。
秋はロープウエイやケーブルカーを使って登山を楽しんでください。
季節に応じてお祭りも数多く行われていますから年中楽しめるものが満載です。
芦ノ湖まで足を運んだなら、ぜひ海賊船や平和の社まで訪れてください。

Copyright © 2014 箱根の見どころを紹介 All Rights Reserved.